1. HOME
  2. 介護求人サイト比較ランキング介護士の悩み介護士の適正があるか知りたい!性格や体力は介護職に向いている?

2016年07月05日

介護士の適正があるか知りたい!性格や体力は介護職に向いている?

考える女性

気になる介護士の適正「向いてる人・向いてない人」とは?

ますます需要が高まる仕事とされているのは、やはり介護に関係する職業ではないでしょうか。現在は高齢化社会どころか、超高齢化社会と呼ばれる時代へ突入しており、今後も介護に関する仕事がますます注目されていくのは間違いありません。ただし介護は口で言えるほど簡単なものではない、というのも多くの方が理解している事実です。人の世話をすると言うことは、それだけ責任を持たなければならないことでもあるのです。

やはり介護士という仕事はどこか特殊な分野であるともいえるでしょう。求人数は非常に多いのですが、それを長く続けられる人は実はそれほど多くはありません。もちろんこれは介護職に限らず言えることなのですが、自分の性格がその仕事に合った適正を持っているかどうか、というのがその仕事の向き・不向きを決定させます。ある程度経験を積んだりすることでも適正というのは若干変化することもありますが、基本は持って生まれた性格をベースに考えるのがベストでしょう。では、どのような方が介護士に向いているのでしょうか?

人付き合いが重視される仕事です

まず、介護職の特徴として挙げられるのが「人と接すること」です。飲食業などでもそうですが、一対一の関わりが非常に重視されるのが最も注目すべき点で、まずこれをクリアできなければ介護職に携わるのは難しいかもしれません。といっても、決して人付き合いが上手でプロ級であるとか、そういった特別なものが求められているわけではありません。人とお話することが好きだ、接することが苦にならない、という程度で問題ありませんのであまり難しく考えることはありません。

また、これに関連していますが、自分の気持ちを上手に整理できる方も介護士としての適正ありです。利用者さんとの関係で、どうしても理不尽な気持ちになったり納得できないことが発生するのはよくあります。しかしそれを自分の中でどのように整理していくのか、気持ちのコントロールが不安定ですと仕事にも支障が出やすくなってしまいます。ですから自分のストレスをうまく向き合っていける方は特にこの業界に向いていると言えるでしょう。

この他にも体力があることは大きなプラスになります。介護職はある意味肉体労働でもありますから、タフな肉体を持っていることはそれだけで大きな戦力となります。人と接することが好きで体力のある方、というのはまさに介護士などに向いているタイプと言えるでしょう。

自分の適正の見極め方とは?

今までにあげた「介護士に向いている人」に対し、逆に不向きである人はどういった方なのか。簡単に言ってしまえば、向いている人とまったく反対である場合でしょう。ただ自分で思い込んでいる性格と、世間に与えている印象と言うのは若干のずれがあることが殆どです。自分はあまり人付き合いが得意じゃないから向いてないかも、などと最初から決めつけてしまわずに、あえて仕事を始めてみるのもおすすめです。

実際に働くことで今まで眠っていた才能が開花することだってあります。介護士という仕事を通じて見えてくることも沢山ありますので、もし少しでも興味があるのなら思い切って飛び込んでみるのも一つの手です。これだけ多くの場所で求められている職ですので、自分に合った場所をみつけられる可能性も高いと言えるでしょう。

まずは気になったら実際に介護の現場に携わる方と話してみてもいいでしょう。経験者の意見はどんなテキストよりも参考になるはずです。自分には不向きだと決めつけてしまわないこと、ご自身の才能が花開くチャンスがすぐそこに待っている可能性も大ですよ!

介護求人サイト比較
介護・福祉・保育資格一覧

© 2021 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.