1. HOME
  2. 介護求人サイト比較ランキング介護士の転職ユニットリーダーのなり方は?介護のユニットケアで活躍する仕事内容や役割とは

2017年03月24日

ユニットリーダーのなり方は?介護のユニットケアで活躍する仕事内容や役割とは

ユニットリーダーのなり方は?介護のユニットケアで活躍する仕事内容や役割とは

高齢になって自宅で生活することが困難になったとき、どんな生活をする事が望まれるでしょうか。多くの場合、家にいたときと同じような生活が出来れば…ということを希望するものです。高齢になって介護が必要いになったとき、家庭での生活が困難になる理由はそれぞれです。介護が必要な状態だけれども、介護の担い手になる家族の協力が得られない、介護者がいないなど、施設での生活が必要になる理由はいろいろありますが、介護が必要な状態になったとしてもごく普通の生活を続けたいということを多くの人が望み、それを可能な限り実践しようとした形がユニットケアという介護手法です。

増加するユニットケアを導入する施設

かつて老人ホームと言う呼び方で一くくりにされていた施設のイメージは無機質なコンクリートの病院のような建物で、施設然とした外観のものでした。現在増えているユニットケアを導入する施設は一般の家庭のような雰囲気を大切にする施設で、普通の家のように食事や入浴などの暮らしを実践するための場所です。病院の大部屋のような管理された雰囲気の施設とは異なり、入居者の個性を尊重した生活をするために個別ケアを実現するための手法がユニットケアであり、一人ひとりの生活のスタイルやリズムを大切にした家庭的な雰囲気で暮らせるようにするのがユニットケアのコンセプトです。

ユニットケアの特徴とそのメリット

ユニットケアでは10人程度の入居者を1つのユニットとして、同じ介護スタッフがそのユニットの担当として固定的に配置されるのが特徴です。そのため入居者にとってはいつもかおなじみのスタッフが身の回りの世話をしてくれることになるので、親近感も持ちやすく、家族のような関係が生まれるのが特徴でありユニットケアのメリットでもあります。

基本的にユニットケアは個人が生活する個室と入居者が共同で使用する居間を備えており、個室での生活が確保されていることから入居者のプライバシーが守られ、なおかつ居間では他の入居者やスタッフとのふれあいが出来るというのが特徴です。現在のところユニットケアを採用する施設はまだ少ないのですが、現在増加中でありさらに今後も増えてゆくことが予想されています。

ユニットケアのスタッフの配置など

ユニットケアでは、日中はそれぞれのユニットに1名以上看護師や介護スタッフを配置することが義務付けられており、多くの場合実際の現場では4名から5名程度のスタッフが配置されています。スタッフは各ユニットへの固定的な配置になるため入居者も安心感がえられ、家族のように親しみを感じる関係になれるのがメリットです。食事作りや洗濯など、出来る範囲で入居者が手伝ったり近くで見守ったりすることで、施設での生活であってもなんとなく家庭での暮らしのような雰囲気を味わうことが出来ます。時には外出して地域とのふれあいを持ったり、普段の生活を送るためのサポートをするのがユニットケアのスタッフの仕事です。

ユニットリーダの仕事内容と求められる資質

各ユニットにはユニットリーダーを一人常駐させることが義務付けられています。ユニットリーダーはスタッフの勤務スケジュールの管理、指導や育成、各ユニットごとの会議内容をリーダー会議で報告する、ユニット費を管理する、ユニットごとの企画や催しの実行など、そのユニットの運営にかかわる責任者であり、スタッフをまとめて指導する役割を担います。そのためユニットリーダーには介護スキルはもちろん、リーダーシップや問題解決能力が求められます。最も大切なのはその人の人間性で、担当するユニットの運営がスムーズに行くかどうかは、そこのユニットリーダーの人間性が深くかかわっているともいえます。

介護求人サイト比較
介護・福祉・保育資格一覧

© 2020 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.