1. HOME
  2. 介護求人サイト比較ランキング介護士の転職腰痛で転職したい介護士の仕事選び!介護業界で腰の負担が少ない職種はどれ?

2017年06月05日

腰痛で転職したい介護士の仕事選び!介護業界で腰の負担が少ない職種はどれ?

腰をおさえる女性

腰痛に悩んでいる介護士は非常に多いものです。腰痛が原因で退職や転職をする人は少なくありません。介護業界で腰への負担が少ない職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

腰痛は介護士の職業病

介護の現場には腰に負担がかかりそうな仕事がたくさんありますよ。介護職員の半数以上が腰痛に悩んでいるという話もあります。本来ならば、腰への負担が大きい作業は職員二人以上で行うのが理想ですが、人手不足でなかなか現実的身は難しいですよね。

しかし、腰痛は一度起こすと慢性化してしまうことがあり、最悪の場合は悪化して日常生活に支障をきたすこともあるのです。介護士の腰痛は職業病だと言われていますが、腰痛を起こしてもできるだけ悪化しないようにしたいですね。

腰への負担が少ない職種

通所介護

自立~要支援者を対象とした通所介護では、身体介護がほとんど必要ありません。そのため一般の介護施設と比べて腰への負担は少なくなるでしょう。夜勤などの重労働がないのも通所介護の魅力ですよね。

訪問介護

訪問介護では身体介護も行いますが、調理や掃除などの生活援助も行います。1件当たりの滞在時間は長くても1時間半ほどで、その間に身体介護や生活援助を行うため、常時身体介護を行う施設の介護士よりも負担は少ないでしょう。事業所によっては、生活援助を利用する人の方が多い所もありますよ。

現場以外の介護職

腰痛により介護の現場で働くことが難しい場合は、現場を離れるのも一つの方法です。介護事務や福祉用具専門相談員など、同じ介護業界でも事務職へと転職すると良いかもしれません。別の業界から転職するよりも、介護現場の経験がある分採用されやすいでしょう。転職の際は必要な資格を取得しておくと良いですね。

腰痛ケアは自分でも行おう

腰痛体操

身体を伸ばすだけのストレッチでも腰痛には効果があります。ただ身体を伸ばすだけのストレッチでも、疲れて固まった腰の筋肉をほぐすことができますよ。朝の寝起きと夜寝る前に、ベッドの上で少し伸ばす程度でも腰痛は軽減されます。無理に伸ばそうとせず、「気持ちいい」と感じる程度に行いましょう。

コルセット

コルセットをすると腰痛は確実に楽になります。オーダーメイドのものは数万円かかりますが、ドラッグストアに行けば2000円程度で購入することができますよ。もちろん自分の身体にピッタリと合うオーダーメイドの方が良いでしょうが、安価なものでも腰痛は軽減できます。購入の際は試着をし、サポート力があるもの、かつ、着け心地が良いものを選んでくださいね。

休息

腰痛は筋肉の疲労から起こることが非常に多いです。痛みがあるときには横になり安静にすることをおすすめします。仕事中はなかなか難しいかもしれませんが、休憩中などを利用して、少しでも横になる時間を取ると良いですね。横になっても痛みが軽減しないときや休息が取れないときなどは痛み止めを利用するのも一つの方法です。

腰痛で転職をする前に

腰痛の起こりやすさは、実は職場環境でも大きく変わってきます。あなたの職場は人員不足ではありませんか?一人ひとりにかかる負担が過剰になっていませんか?

あなたの腰痛の原因が「介護士の仕事によるもの」なのか、「人員不足から起こる過剰な身体的負担によるもの」なのかを理解しておきましょう。職場環境により腰痛になっているのであれば、人員が適正に配置されている職場に転職すると働き続けることが可能な場合もありますよ。

また、転職をする前に、自分の腰痛の状態でどの程度の仕事なら働けるのかを把握しておくことが必要です。腰痛の状態が悪ければ、医師に相談してみるのもいいですね。腰痛は悪化すると日常生活に支障をきたします。一度起こすと一生付き合っていかなければならなくなるケースも多いので、無理は禁物ですよ。

介護求人サイト比較
介護・福祉・保育資格一覧

© 2020 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.