1. HOME
  2. 介護求人サイト比較ランキング介護士の転職ケアマネージャーの転職の志望動機の例文・書き方は?介護職で内定をとるコツ

2017年08月07日

ケアマネージャーの転職の志望動機の例文・書き方は?介護職で内定をとるコツ

履歴書を書く人

就職活動をする学生だけでなく、介護業界での転職に際しても履歴書と共にとても大切になるのが志望動機の書き方です。特にまだ社会に出たことのない新卒の採用とは異なり中途採用の応募の場合、採用する側はどんなところをチェックするのか、どんな書き方をすれば採用する側の印象に残るのか、しっかりとポイントを抑えて内定を取りに行きたいものです。

志望動機はどんなところをチェックされる?

転職希望者を中途で採用するにあたって採用担当者が最も重視するのは本人の職務経歴だと言われています。これまでどんな場所でどんな経験を積んできたのか、採用する側は新卒と異なり即戦力を望むのは言うまでもありません。

この人が自分の所でしっかりと働いてくれる人材なのか、長く勤務してくれるかどうかというのは最も気になるポイントで、採用者は応募者の職歴などからその人が自分たちの求める人材なのかを判断しなければなりません。

志望動機からは介護業界の中からこの施設を選んで応募してきたことで、ここで何をしたいと考えているか、何ができるのかをチェックします。もちろん介護業界が未経験であったとしても、志望動機から介護業界で働きたいと言う熱意が感じられれば内定をとれるチャンスは十分に考えられます。

経験の有無によって志望動機の書き方は異なる

介護業界は慢性的に人手不足だと言われますが、ケアマネージャーはそんな介護に携わる仕事の中でも頑張り次第でスキルアップの見込める人気の高い職種です。介護業界自体は人手が足りずいつも多くの求人があるとはいえ、ケアマネージャーも同じようにいつも豊富な求人があり、転職を希望すればいつでも職場が待っているわけではありません。

ケアマネージャーを目指す人の増加に伴い、採用する側もよりレベルの高い人を選ぶ傾向にあり、人気の高い求人はすぐに決まってしまうとも言われています。志望動機の書き方も介護経験の有無、さらにはケアマネージャーとしての経験の有無によってアピールポイントが異なります。

例えば介護業界での勤務経験がありケアマネの資格を取って初めての転職であれば、これまでの介護職としての経験に加え、ケアマネとしてどんな仕事をしたいかを具体的に記入することが大切です。そしてケアマネ経験がある場合には、これまでの施設とは違うどんなところに魅力を感じて、これまでの経験を活かしてケアマネとしてどんな働き方をしたいかをアピールすることが大切です。

採用者にアピールできる魅力的な志望動機とは?

採用担当者が履歴書の志望動機を見た時に、この人はこの施設で何がしたいのか、何ができるのかがダイレクトに伝わるような内容を盛り込むことが重要です。ケアマネの資格を取って就職しようとする人は、ケアマネのどんなところに魅力を感じるか、そしてすでにケアマネの経験を持つ人ならこれまでの実績を踏まえて今後どんな仕事や取り組みがしたいかを具体的に書くことで、魅力的な志望動機を作成することに繋がります。

履歴書は単なる書類ですが、その中で志望動機を読んだ時に、採用担当者がこの人ならぜひ会ってみたいと思うようなわかりやすく魅力的でやる気を感じさせる志望動機を書いて就職に対する熱意を存分に伝える事が大切です。介護施設と言ってもその経営母体の法人の規模や施設の種類によってケアマネが担当する仕事にも大きな差があるのが一般的です。

例えば小規模な施設から大規模で経営の安定した施設への転職ならば、小規模で個人個人を大切にするきめ細かな介護をしてきた経験を活かし、大規模な施設ならではの専門的な知識を存分に活用した仕事がしたいと言った内容にすることも効果的です。

介護求人サイト比較
介護・福祉・保育資格一覧

© 2020 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.