1. HOME
  2. 介護・福祉・保育人気資格ランキング介護福祉士就職や給料の面で有利な、国家資格である介護福祉士の受験資格

2014年11月27日

就職や給料の面で有利な、国家資格である介護福祉士の受験資格

介護福祉士

介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法により定められた国家資格で、日常生活が困難な高齢者や身体、精神に障害のある人などに対して、その心身の状況に応じた介護を行う仕事です。また介護をするだけではなく、家族などの介護を行う人に対しての相談や助言なども行います。

似たような資格としてホームヘルパーがありますが、ホームヘルパーが公的認定資格であるのに対して、介護福祉士は介護の資格の中で唯一の国家資格であることから、試験の難易度が高く、取得するために必要な年数も長くなりますが、その分就職や給料の面で有利となります。

介護福祉士国家試験の受験には、3年以上の実務経験、もしくは福祉系高等学校の卒業のいずれかの条件を満たしている必要があります。試験は筆記試験と実技試験の2通りがあり、合格基準は概ね問題の総得点の60パーセント程度と定められており、平成25年度の合格率は64.6%となっています。

主な就職先としては、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、有料老人ホーム、身体・知的障害者施設、介護療養型医療施設などがあり、現在であればこの資格だけで十分に就職が可能となっています。

※ 介護福祉士資格を安い費用で最短取得するなら一括資料請求

© 2020 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.