1. HOME
  2. 介護求人サイト比較ランキング介護士の転職地域包括支援センターのケアマネージャーの仕事内容や給料!役割や特徴を知ろう

2017年08月28日

地域包括支援センターのケアマネージャーの仕事内容や給料!役割や特徴を知ろう

先生と黒板

介護士の職場はさまざまにありますが、スキルアップをすることでより視野も広がります。今回は、ケアマネージャーの資格が生かせる地域包括支援センターでの仕事に注目してみました。話には聞いたことがあるけど、具体的にどのような仕事なのかよくわからないということもあるかもしれませんね。仕事内容や給料のポイントを探ってみましたので、求人情報を探す際の参考にしてみてください。

地域包括支援センターってどのようなところ?

地域包括支援センターは、それぞれの市町村が設置しているセンターで、地域の高齢者やその家族を介護予防や生活の手助けという視点からサポートする取り組みを行っているところです。高齢者本人、家族、近隣住民などの人々の相談や悩みを聞いてくれる、地域の窓口というポジションとなるでしょう。

個々の相談内容に合わせてその他の機関と連携するなどして問題を解決していきます。働いている人には、主任ケアマネージャー、保健師や看護師、社会福祉士などがいて、それぞれの専門分野を生かして協力して業務をこなすという特徴があります。

主任ケアマネージャーの仕事内容とは?

主任ケアマネージャーは、主任介護支援専門員とも言われますが、仕事内容は「包括的・継続的ケアマネジメント支援業務」と呼ばれるのが主な業務です。少し難しい響きですが、高齢者が自分の街で問題なく暮らせるようにサポートするという目的に向かって、地域の役立つ機関と連携することと合わせて、地域のケアマネージャーの支援を行うことなどがあります。

介護全般に関わって、さまざまな機関とのネットワーク作りという視点からも見ることができるでしょう。関連する仕事には、介護予防ケアプランを作ることなどもあります。介護予防ケアプランは、現在介護は必要ないけれどいずれ必要になりそうな人が対象で、要支援1または2と言われた人が、要介護レベルにならないためにサポートするなどのプランです。

現在利用者さんが持っている力を生かしてできる限り自立した生活やより良い生活を長く継続できるようにお手伝いをして、ほかに役立つサービスを受けられるように調整することなどが含まれるでしょう。

要支援の認定を受けた本人やその家族と会って、地域包括支援センターの働きの説明や今後のプランなどについての話し合いを行っていきます。現在困っていることやどのような生活を送りたいかなどを詳しく聞き出し、介護予防のための計画を利用者さんと一緒に立てていくようになるでしょう。

利用するサービスなどを具体的に調節して環境を整え、その後も定期的に利用者さんや家族の話を聞いて、きちんと目的に添って行われているかを確認しながらサポートすることも必要になります。その後、場合によって計画の見直しなどを行いながらサポートを続けていくという流れが挙げられるでしょう。

ケアマネージャーの給料はどれくらい?

地域包括支援センターはいろいろありますので、個々の求人によって給料の値もさまざまです。主任ケアマネージャーだけでなく、ケアマネージャーの募集を行っている場合もあり、募集内容はそれぞれ違いますので隅々まで確認してみましょう。

必須の資格として、主任介護支援専門員資格、介護支援専門員資格などの表記もあります。給料の値は、正社員かどうかなどの影響もあり、キャリアによって変動することがあります。ケアマネージャーとしてのキャリアが長ければ金額がアップする場合もあるでしょう。

具体的な金額例としては、月給25万円~、27万円代、年収300万円~400万円などの表記があります。基本給だと15万円~などもありますので、個々に幅も見られるでしょう。

介護求人サイト比較
介護・福祉・保育資格一覧

© 2020 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.