1. HOME
  2. 介護・福祉・保育人気資格ランキング福祉用具専門相談員ニーズが高まる「福祉用具専門相談員」の資格取得方法や仕事の場について

2014年12月11日

ニーズが高まる「福祉用具専門相談員」の資格取得方法や仕事の場について

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員は、福祉用具(車いす、介護用ベッドなど、要介護者の日常生活の助けになる用具)の選定、使用法をアドバイスする仕事です。看護、介護、リハビリなどの資格の多くは、そのまま相談員の資格として認められます。そういった資格を持たない場合は、都道府県が指定した「福祉用具専門相談員指定講習」を受講することで資格が取得できます。受講に年齢、性別の制限はなく、実務経験等も必要ありません。講習は全国各地で行われており、現在は計40時間ですが、平成27年4月からは50時間に変更されます。

福祉用具専門相談員の仕事の場は、介護保険制度の下で福祉用具の貸与・販売を行う事業所が主で、そこでは2名以上の福祉用具専門相談員を置くことが義務付けられています。福祉用具は介護を必要とする方が利用するため、「貸したら終わり、売ったら終わり」という性格のものではなく、介護関係者と常に連携しながら、息の長い、トータルなサポートをすることが必要になります。

現在、福祉用具は日進月歩で目覚ましく進歩していますが、それが真に利用者に役立つものになるには、福祉用具専門相談員のアドバイスやサポートが欠かせません。今後、福祉用具専門相談員のニーズはますます高まるのではないでしょうか。

※ 福祉用具専門相談員資格を安い費用で最短取得するなら一括資料請求

© 2020 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.