1. HOME
  2. 介護・福祉・保育人気資格ランキング精神保健福祉士精神障害の治療者の社会への復帰に関するソーシャルワーカー、精神保健福祉士

2014年12月01日

精神障害の治療者の社会への復帰に関するソーシャルワーカー、精神保健福祉士

コーヒーを飲む女性

精神保健福祉士とは精神障害者や精神科において精神障害の治療を受けている方の社会への復帰に関する事についての相談やアドバイス、その他必要な訓練の手助けをする事を目的とした資格です。精神科ソーシャルワーカーとも呼ばれます。

病院においては入院から日常生活での援助を得て退院までサポートを行います。その他社会復帰施設の指導員として作業を補助するといった業務もあります。これらの業務は精神保健福祉士の資格を有していなくても可能ですが、その場合は精神保健福祉士と名乗る事はできません。

精神保健福祉士になるためには様々なステップがありますが、一例としては保険資格系大学での科目の履修、もしくは4年制大学卒業後に精神保健福祉士指定養成施設を卒業した上で、精神保健福祉士国家試験に合格する事で資格を得る事が出来ます。

試験は年一回行われ、筆記試験となります。主な活躍の場としては精神科病院、障害福祉サービス事業の場が多いです。

※ 精神保健福祉士資格を安い費用で最短取得するなら一括資料請求

© 2020 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.